--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






タグ:
2015年05月26日 (火) | Edit |
こんにちは。
昨日はファミレスで読書をしていました。

平日の昼間だったのでお客さんもほとんどいなかったのですが。
テスト期間なのか高校生グループが3組ほどいましたね。
あとはおばちゃんグループと、一人客が数名。

私は隅の席に案内され、ドリンクバーを注文しました。
そこでこの本を読んでました。

LESS IS MORE 自由に生きるために、幸せについて考えてみた。

(楽天のリンク:LESS IS MORE [ 本田直之 ]

この本は簡単に言うと、幸せに生きるためにはどうするか?ということが書かれています。
作者自身はハワイと日本を行き来して暮らしているみたいですね。

なんというか幸せのハードルがあがっているのかな、と世の中を見て感じます。
もっと些細な事に喜びが見いだせれば、その分幸福感もあるのかなって。

幸福とは何かを考えていたらその日の夜。
未来世紀ジパングで"幸福の国"ブータンをとりあげてたようです。
その中で「100%の幸福なんてありえない」という発言が印象に残っています。
「今の自分の幸福度は5で、求める幸福度が5だ」といった理由だったかな?
(記憶を頼りに書いてるので、勘違いがあるかもしれません)

「あと幸福の国なんて言葉ですよ」という女性の発言もありました。
眠かったのでその発言の後を見ることはできなかったのですが……

「お金がないから苦しいんです」という内容の発言もありました。
これには共感する人も多そうだなと感じました。
そうか。やはりお金やモノを求める人は多いのかしら?

幸福とはなにか、自分が求めるものは何なのか。

そのことについて改めて考えていきたいな、と思わせてくれました。
そして自分はお金やモノに縛られない生き方をしたいとも感じるのでした。

だからこそ、物の少ない生活に私は憧れるんです。
モノではなく精神の豊かさ、これが私の求めるものだと思うから。

スポンサーサイト






タグ: 本の感想 テレビの感想
テーマ:生き方
ジャンル:ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。