--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






タグ:
2015年06月14日 (日) | Edit |
こんにちは、りらです(*^_^*)

いきなりですが、私の趣味は創作活動です。
つまり、作ることが好きなんです。

小説を書いたり、手芸をしたり、落書きしてみたり。
実はウディタというフリーソフトでゲーム作成にも手を出しています。

とにかく、何かを作りたい気持ちが私の中にあります。

■私が何かを作りたい理由
私は昔から何かを空想するのが好きでした。
好きなマンガの展開を予測したり、友人と人形遊びをしたり。
何かを自由に考えるのが好きだったのでしょう。

何かを表現したいという気持ちが、いつの間にか高まっていました。
その欲望を満たすために、私は何かを作っているんです。



■表現がうまくいった時の喜び
創作・表現というものは楽しいだけではありません。
言いたいことを表現しきれなかったり、知識不足でうまくいかないこともあります。
そして時には投げ出したくなることさえあります。

だけどそれ以上に、何かを表現しきれたときは喜びがあります。
思いが少しずつ形になり、完成した時は本当に嬉しいし、やりがいがあります。

表現したいという気持ちがあり、達成した時は大きな喜びがある。
だからこそ私は、創作活動から逃れられないのでしょう。


■創作や表現すること、始めませんか?
写真、イラスト、小説、手芸など、色々な形で表現することができます。
ブログや日記だって、自分の思いを表現する活動です。

そうやって自分の世界や気持ちを形にすることで、
きっと新たな発見や喜びがあるんです。

時にはすでにあるものを楽しむだけでなく、新しく何かを作ることを楽しむのもおすすめですね^^








タグ: ひとり時間の過ごし方
テーマ:楽しく生きる
ジャンル:ライフ
2015年06月14日 (日) | Edit |
こんにちは。
昨日、アマゾンで本を2冊注文しました。
明日には届く予定です。


私は今モノの少ない生活に興味を持っています。
そこでこの2つに興味を抱き、読みたいと思いました。

読んだら何かしら感想を書くと思うので、その時はよろしくお願いします。
読むのが楽しみです。


■モノが少ない生活に関心をいだいた理由
きっかけは断捨離でした。
そこでモノを減らし、自分が無駄なものを所有してたことに気づいたのです。
今は必要最低限のもので生活するというミニマリストに憧れがあります。
その辺はいずれ記事にするかも?








タグ:
2015年06月13日 (土) | Edit |


地曳 いく子さんの『服を買うなら、捨てなさい』を先日読みました。

私は現在23歳なのですが、ファッションについて参考になることは多かったですね。
おしゃれな人と聞いてどんなイメージを持ってますか?
・服を色々持っている
・いろいろな服を着こなせる
・流行に敏感
というのを思い浮かべるのではないでしょうか。

この本ではこれらをおしゃれの条件とはしていません。


■この本を読んで私が理解したこと
・種類は少なくていいから、自分の定番スタイルを見つけるべき
・数を多く持つ必要はない。そうすれば一着あたりにかけられる予算が増える

そして当たり前のはずだけどつい忘れてしまうこと。
・服や靴の値段は、着用回数で高いか低いかを判断するべき
コストパフォーマンスの良し悪しは、利用回数で決まるんですね。
この辺りをしっかり意識しなければ、セールで安いものを買って、でも使わないなんてことになりかねません。

一着一着を吟味しながら買うことで、自分に合わない服を避ける事もできますね。
自分に合わない服を持っていても、かえっておしゃれから遠ざかってしまう。

どれを着ても自分の魅力を発揮できる、そんな服で固めることが大事なんですね^^


この本は、今後の服との付き合い方を考えるきっかけになりました。
今の自分に合わない服を少しずつ処分し、買うときは真剣に考える。
そうやって自分に合う服だけを持つようにしていきたいです。


・洋服との付き合い方を考えたい人
・服が増えてきたから減らしたい人

そんな人におすすめです。






タグ: 本の感想
テーマ:読書感想
ジャンル:本・雑誌
2015年06月13日 (土) | Edit |
こんにちは。
突然ですが、私にはPという友人がいます。
Pというのは、この記事に登場した友人のことです。

彼女と話すと、妙に心が落ち着くんですよね。
もやもやする気持ちの整理ができるといいますか……
それで感じたのですが、彼女には人を受け入れる雰囲気があるんです。


■彼女が持つ、人を受け入れる雰囲気とは?
1 相手の言葉を否定しない
→彼女はめったに人の考えを否定しません。
私は以前友人と意見が割れて揉めたことがあります。
私はAという意見で、別の友人はBという意見でした。

その時の揉め事をどう思ったのか、珈琲店でPに聞いてみたんです。
そしたら「Aの意見もBの意見もわかるんだよね」という答えでした。
どちらも悪の意見(犯罪に関係するようなもの)ではなかったからこそ、彼女はそう言ったのでしょう。
だけどそうやって両方の意見を理解し、否定しない雰囲気が彼女の長所でしょう。


2 話し手にも聞き手にもなれるらしい
→会話において私は聞き手になることが多いです。話すことが苦手なんです。
それに対しPは、聞き手にも話し手にもなれるタイプみたいです。
彼女に直接聞いてみたところ「相手が聞き役なら話すし、話役なら聞くよ」とのことでした。

相手の様子に合わせて聞き手と話し手の両方になれるのは、話すのが苦手な自分にしてみればすごいです。


3 人の弱さに理解がある
→これはその……彼女自身が精神科に通っているからだと思うのですが。
人の弱さや苦しみというものに理解があるんですよね。
甘えだと罵倒せず、気持ちを考えてくれる面が彼女の優しさなのでしょう。

彼女が精神的不安に陥ることを自分も知っています。
だからこそ、彼女の負担にならないようにこちらも気をつける必要はありますけどね。


■終わり
彼女の雰囲気に憧れたからこそ、私は彼女の特徴について考えてみました。
実際のところの本心は彼女にしかわかりません。

(そんな彼女にも短所はありますが、それは私もなのでお互い様ということで触れません)

私はいざというとき、友人の力になれる存在でありたいと思っています。
そのために何ができるかは模索中ですが……
まずは自分自身が心穏やかに過ごし、シンプルに生きることが必要なのだと考えています。








タグ:
テーマ:楽しく生きる
ジャンル:ライフ
2015年06月12日 (金) | Edit |
私は一時期YUIの曲にはまっていた時期があります。
アルバムを聞き直していたら、今の気持ちにぴったりな曲がありました。

FROM ME TO YOUというアルバムに収録されている、
Simply whiteという曲です。



歌詞に非常に共感してしまいました。
Simply whiteの歌詞

私は今、色々なものを手放したいと考えています。
その気分と、この曲が非常に近いんです。

昔聞いた時はなんとも思わなかったけれど。
気持ちが変わると、曲を聞いた印象も変わるものなんですね。

本当は音楽が聞ける動画でもあればよかったのですが、いいのがなかったので……。
もし興味を持ったら聞いてみてください^^







タグ:
2015年06月12日 (金) | Edit |
先日の休み、友人とコメダ珈琲にいきました。

その頃私の気分が落ち込んでいて、誰かと話したい気持ちでいたんです。そこで友人にラインかスカイプで話したいと言いました。
そしたら私の精神的不調が伝わったのでしょうか、コメダ珈琲で話をしようと言ってくれたんです。

そこでコーヒーを一杯頼みました。
日常のこと、趣味のこと、面白い画像のことなどを話していたら時間が進んでいきました。
会った時間が遅かったこともあり気がつけば夕飯の時間。そのまま食べ物を追加注文し、「量が多いね」とお互い感じながら夕飯を食べてました。

そして私の最近の本心を聞いてもらいました。
それは人生のリセット願望と、大学時代の部活に関して未だにモヤモヤを抱えているという話です。

彼女は私の気持ちを決して非難せず、受け入れてくれました。
私が彼女といて心地よいのは、彼女が基本的に受容の姿勢をとるからでしょう。

彼女自身も大変なのに、私は彼女に助けられてばかりですね。
何かしら彼女の力になりたいのですが……
今は無理せず、気が向いたときに軽く連絡してみるくらいがいいのかもしれませんね。

私は一人の時間が好きです。
だけど心を許せる友人との時間も、大切にしたいと思います。






タグ:
テーマ:楽しく生きる
ジャンル:ライフ
2015年06月11日 (木) | Edit |
こんにちは。
前回、メルカリの紹介をしました。

今回は私がメルカリで販売したものについて書いていきます。

■売ったもののジャンル
1 アクセサリー
→福袋に入っていたバナナクリップや、使用済みのブレスレットを販売しました。

2 キャラクター、アニメグッズ
→昔好きだったキャラ、アニメのグッズです。
部屋に飾っていたものや、引き出し等にしまったままのものを出品しました。
ストラップ、小物、ぬいぐるみ、ポーチなどなど。
それから漫画雑誌の付録も売れました。
ガチャガチャやゲームセンターで手に入れたものも売れました。

3 ハンドメイドの材料
→過去にやっていたハンドメイドの材料のあまりを出品しました。
具体的には粘土の型、容器、ビーズ、粘土、レジンの台座など。
粘土については1年ほど前に購入したものの使わなかったことを明記した上で売れました!
しっかり説明しておけば、後からトラブルになることもないと思います。


■私が出品したもののこと
私は2のキャラクター、アニメグッズを主に出品していました。
実際にメルカリを見てもらえば分かるのですが、そういうものも数多く出品されています。
最近はハンドメイドの材料を出品することも多いですね。
CMを見ると服やアクセが多いと感じる人もいるかもしれませんが、
そういうものも出品できるとわかっていただけると嬉しいです。


■考えていること
メルカリを見ると、ハンドメイドというカテゴリがあります。
そこでは個人が作成したハンドメイド作品も出品され、売買されています。
そういうものも今後出品してみたいな、と考えていますね。


■最後に
私が出品したもののジャンルは偏っていますが……
服やアクセ以外でも売れるということはわかっていただけたかなと思います。
捨ててしまえば0円だし、中古屋さんの買い取り額は安い。
それだったら発送等の手間はかかってもメルカリを使ってみることをおすすめします。


メルカリ公式サイト
登録の際に招待コードMGa172を入れてもらえると、
300円分のポイントがお互いもらえます。(2015.6/10現在)
興味があったらどうぞ(^^ゞ






タグ: メルカリ 断捨離
2015年06月10日 (水) | Edit |
こんにちは。
モノの少ない生活によって日々を楽しく過ごそうと目論むりらです。

そんな私は現在、無料フリマアプリ:メルカリを利用しています。

メルカリって何?
メルカリは無料で商品を出品し、モノを売ることができるサイトです。

会員登録:無料
出品:無料
販売手数料:価格の10%


このように、商品が売れた時だけ手数料が取られますが、それ以外に費用はかかりません。
出品の仕方も簡単です。
1 出品ボタンを押し、商品の写真を撮る(あらかじめ撮影した写真も利用できます)
2 必要があれば写真の加工をする
3 商品名、商品説明、カテゴリ、価格などを設定する
4 入力画面の一番下にある、「出品する」を押す

たったこれだけです。
写真は4枚まで載せることができます。


■私が思うメルカリのメリット
1 出品が簡単
→これは上に書いたとおり、非常に気軽で簡単です。

2 いらないものを処分できる
→自分はもういらないものを誰かに譲ることができるのがいいですね。
捨てるのは勿体無くても、誰かに安く買ってもらえれば罪悪感もありません。

3 持ち物を整理できる
→いらないものを出品することで、持ち物を減らせます。
その結果部屋の掃除もできるのが、いいところですね。

■私が思うメルカリのデメリット
1 値下げ交渉が多い印象がある
→私が出品した時、値下げ交渉をしてくる方が結構います。
私は手放すことが目的なのである程度応じてはいますが、値下げしたくない人には面倒でしょう。
また大幅な値下げを要求する方もいて、厄介に思うこともあります。

2 購入ボタンを押されたらすぐに取引が開始されてしまう
メルカリには取り置きとか、購入者を出品者が選ぶ機能がありません。
購入前のコメント必須と書いてあるのに購入ボタンを押されたことがあり、
他の人とトラブルになったこともありました。

私が購入前のコメントを必須にしていた理由は、
商品確認のため、または発送する時間的余裕がない可能性があるからです。

そういう時、購入ボタンを押された後に出品者が確認してから取引に入れる仕組みがほしいと思いましたね。


■だけどメルカリは便利。登録したいと思ったら……
デメリットも書きましたが、メルカリは利用者も多く商品も気軽に売ることができます。
無駄なものを手放したい人、お小遣い稼ぎをしたい人にはおすすめします。

メルカリ公式サイト
登録の際に招待コードMGa172を入れてもらえると、
300円分のポイントがお互いもらえます。(2015.6/10現在)
興味があったらどうぞ(^^ゞ






タグ: メルカリ
2015年06月09日 (火) | Edit |
生きることとは何なのか。
何を求めて生きるのだろう。
死ぬことは悪いことなのだろうか。

そんなことを考えていたら、ある作品の名前が頭に浮かびました。
それは『空中ブランコのりのキキ』という作品です。
私が小学校か中学校の時の教科書に掲載されていた物語ですね。
同世代の方は覚えているかもしれません。

アマゾンで検索してみたら、本の形で出版されていたようです。



内容は、
サーカス団の空中ブランコ乗りのキキは3回宙返りで有名。
3回宙返りはキキしかできず、非常に人気でありキキの個性ともいえる。
だけど他のサーカスで3回宙返りを成功させた人が現れたと聞いた。
そこでキキはある選択をしたーー。


こんな感じです。
最近この話を読み返すことができたのですが、色々と思うところがあります。
大人になってから読むと、生きること求めるものについて考えてしまいますね。

もう一度しっかりと読んで、キキの生き方、人柄について考えてみたいところです。








タグ:
2015年06月09日 (火) | Edit |
私の憧れはモノの少ない暮らしです。

きっかけは断捨離という言葉に出会ったことです。

断……これから入ってくる不要なものを断つ(買わない)
捨……いま持っている必要ないものを捨てる
離……物へ執着することから離れる(物欲をなくす)

詳しくはココを見るとわかりやすいです。

この言葉に出会い、私はモノを減らすようになりました。

もう読まないと思った本は中古屋さんに売り払いました。
過去に好きだった(けど今はそうでもない)グッズも手放しました。
過去と決別するため、就活時代のパンフも捨ててしまいました。

こうやってモノを減らすことで、自分にとっての最善を探しています。


■断捨離を始めたきっかけ
精神的につらい状況をどうにかしたい。リセットしたい。
というものでした。

そしてその効果は出始めており、以前に比べると気持ちもスッキリしています。
だけど心が感情を決めるから。
最終的には考え方そのものをプラスにしていくことが、辛い気持ちから脱却する方法なのだと思います。

断捨離をすれば楽になれるとは言いません。
だけどモノを減らすことで、きっかけは得られると思うんです。

だから私自身は、モノと自分と向き合うために、断捨離はおすすめです。

■断捨離は捨てるだけ?
断捨離については
「使えるものを捨てるのはもったいない」と非難する方もいます。

私もその気持ちはわかります。
その上で自分の意見を言うならば。

断捨離すると、自分が無駄なものを抱え込んでいたと気づくことが多いので。
断捨離を意識することで、無駄な買い物が減らせると思っています。
そしたらモノを手に入れる前に考えるようになり、所有するモノの寮が減ります。
そうすることで、
一時的に捨てる量は増えるけど、将来的に考えると捨てる量は減るのではないかと思うんですよね。

また捨てることが嫌ならば、フリマやオークション、誰かに譲る方法もありますしね。
捨てるんじゃなくて、手放すという意識でやればいいと思います。











タグ:
テーマ:生き方
ジャンル:ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。