--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






タグ:
2015年06月02日 (火) | Edit |
こんにちは。
実は先日、ある趣味の道具を片付けました。
昔ははまっていた趣味です。
だけどやる時間がとれなかったり、わざわざやろうと思えなくなったんです。
そこで道具を片付け、おさらばすることを決めました。
※具体的な趣味の名前はださないでおきますが、ものづくりです。

■道具を片付け、やめることを決めた理由
1 やる時間がなくなってきた
他にもやりたいことがあったりやる必要があることがあったりしました。
そのせいでその趣味のための時間が取れなくなってきたんです。
だけどまだ趣味の道具は部屋に置きっぱなしでした。
「そのうちやるだろう」という気持ちだけが、ありました。


2 やろうという意欲の低下に気がついた
そこから少し自分の気持を考えてみると、やろうという気持ちが弱まってたことに気づきました。

以前はやりたいという気持ちが強く、時間をかけてやっていました。
昔から何かを作るのが好きで、だからこそ楽しかったですね。
だけどある時から、わざわざ時間をかけてまでやろうと思わなくなりました。

この頃、もう趣味の道具はださなくなっていました。
しかしこの時点ではまだ、道具は部屋にしまったままで処分は考えていませんでした。

3 断捨離という言葉に出会った
部屋の整理をしている時、断捨離という言葉に出会いました。
「今の自分にとって必要か」という視点でモノの要不要を決めるのが、断捨離です。

今の自分にとってこの趣味は必要か、やりたいものか?

そう問いかけた時、もうこの趣味はやらなくていい。
この趣味をやることはないだろう、という答えに出会いました。

そこで私は、趣味の道具を捨てたり、使えるものはフリマアプリに出品したりしました。
そしてモノを手放したのでした。


■趣味はやりたいからやるものだと思う
今の私は趣味を一つ手放したけれど、後悔はしていません。
その理由は
やりたいと思う趣味ではなく、惰性で続けていたものを手放したから
だと思います。

趣味というものは息抜きであり、やりたいからやるものだと思います。
だけど中には熱意が冷めたにもかかわらず、なんとなく続けてしまうこともあります。

そういうものよりも、今やりたいことに時間やお金をかけていくべきなのかなと思うんです。
無理して「趣味とされていたもの」を続ける必要はないはずです。

時間もお金も有限だからこそ、優先させたい趣味を大事にしていきたいです。

おまけ:
もしかしたらこれは趣味というよりマイブームに近いかもしれませんね。
だけど好きでやっていたことですし、趣味だと自分が思っていれば趣味でいいと思います。




スポンサーサイト






タグ: ひとり時間の過ごし方
テーマ:楽しく生きる
ジャンル:ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。