--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






タグ:
2015年06月09日 (火) | Edit |
生きることとは何なのか。
何を求めて生きるのだろう。
死ぬことは悪いことなのだろうか。

そんなことを考えていたら、ある作品の名前が頭に浮かびました。
それは『空中ブランコのりのキキ』という作品です。
私が小学校か中学校の時の教科書に掲載されていた物語ですね。
同世代の方は覚えているかもしれません。

アマゾンで検索してみたら、本の形で出版されていたようです。



内容は、
サーカス団の空中ブランコ乗りのキキは3回宙返りで有名。
3回宙返りはキキしかできず、非常に人気でありキキの個性ともいえる。
だけど他のサーカスで3回宙返りを成功させた人が現れたと聞いた。
そこでキキはある選択をしたーー。


こんな感じです。
最近この話を読み返すことができたのですが、色々と思うところがあります。
大人になってから読むと、生きること求めるものについて考えてしまいますね。

もう一度しっかりと読んで、キキの生き方、人柄について考えてみたいところです。


スポンサーサイト






タグ:
2015年06月09日 (火) | Edit |
私の憧れはモノの少ない暮らしです。

きっかけは断捨離という言葉に出会ったことです。

断……これから入ってくる不要なものを断つ(買わない)
捨……いま持っている必要ないものを捨てる
離……物へ執着することから離れる(物欲をなくす)

詳しくはココを見るとわかりやすいです。

この言葉に出会い、私はモノを減らすようになりました。

もう読まないと思った本は中古屋さんに売り払いました。
過去に好きだった(けど今はそうでもない)グッズも手放しました。
過去と決別するため、就活時代のパンフも捨ててしまいました。

こうやってモノを減らすことで、自分にとっての最善を探しています。


■断捨離を始めたきっかけ
精神的につらい状況をどうにかしたい。リセットしたい。
というものでした。

そしてその効果は出始めており、以前に比べると気持ちもスッキリしています。
だけど心が感情を決めるから。
最終的には考え方そのものをプラスにしていくことが、辛い気持ちから脱却する方法なのだと思います。

断捨離をすれば楽になれるとは言いません。
だけどモノを減らすことで、きっかけは得られると思うんです。

だから私自身は、モノと自分と向き合うために、断捨離はおすすめです。

■断捨離は捨てるだけ?
断捨離については
「使えるものを捨てるのはもったいない」と非難する方もいます。

私もその気持ちはわかります。
その上で自分の意見を言うならば。

断捨離すると、自分が無駄なものを抱え込んでいたと気づくことが多いので。
断捨離を意識することで、無駄な買い物が減らせると思っています。
そしたらモノを手に入れる前に考えるようになり、所有するモノの寮が減ります。
そうすることで、
一時的に捨てる量は増えるけど、将来的に考えると捨てる量は減るのではないかと思うんですよね。

また捨てることが嫌ならば、フリマやオークション、誰かに譲る方法もありますしね。
捨てるんじゃなくて、手放すという意識でやればいいと思います。











タグ:
テーマ:生き方
ジャンル:ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。