--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






タグ:
2015年08月10日 (月) | Edit |
こんにちは、りらです。

私は以前、公募ガイドという雑誌を読んでいました。
簡単にいえば懸賞や、作品のコンテスト情報ののった雑誌ですね。

その雑誌には公募情報だけでなく、特集もありました。
それは誰かのインタビューであったり、作品を作る上でのコツであったり内容は様々。

それを「あとで読もう」と私はそのページを切り抜き、ファイルにいれてあります。



……が。

その切り抜きを全く読み返していないことに気づきました。
それどころか一度も読んでいないものもあります。

そういえばあの頃は買って(入手して)満足していた節があるかも。
そしてそういった情報を入手しなければいけないという思い込みも?

私は小説等の作品作りが好きです。
以前は書き方の本を読んだこともあります。

だけど今は、
趣味でやるのだしわざわざ調べる必要もないかもしれないと思い始めています。

でもどうしようかなー。そう考えて。
そのうち読んでから、いらないものを処分することにします^^

例えば毎晩一回分読んだとしても、数週間で読み終わります。
せっかく手に入れたし、読みたい気持ちが消えたわけでもない。

だったら読んだほうがいいですね♪

過去に囚われていると感じる方もいるかもしれません。
仮にそうだとしても、それでいいや。

「いつか」は来ない。
そういう考え方もあります。
だけど
「いつか」が来るかは気にせず、持っていたいなら持っていればいい。
そう思うのです。

モノを手放すのは生活を充実させるための手段です。
だから無理に手放す必要はないと考えています。

まだ読んでいない、見ていないものがある。
それはきっと、楽しみです。


スポンサーサイト






タグ: 断捨離
テーマ:ひとりごと
ジャンル:ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。