--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






タグ:
2016年02月12日 (金) | Edit |
キャッチコピー力の基本 ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック
という本を読みました。



私がこの本を読んだ理由は大きく分けると2つあります。

1つ目:ブログの記事のタイトルに悩むことがあった
私はブログを書くことが好きです。
文章化することで自分の思いに気づくことができるからです。
また書くからには人に見られることも意識するわけですが、するとタイトルに悩むわけです。
興味を持ってもらえるタイトルのヒントがあったらいいな、という思いでした。


2つ目:自分が作るゲームや小説を完結に表すヒントが欲しかった
私はゲームや小説を作ることが好きで、ツイッターでも宣伝しています。
だけどあらすじや宣伝文に悩むわけです。
ツイッターには140字という制限があります。
しかもツイートにはURLやタイトルも明記するため、使える文字数は限られます。
ここで人に興味を持ってもらえる簡潔な宣伝文はないかと考えた時、
キャッチコピーが何かヒントになるのではないかと考えました。


■読んだ感想は?
中身は改善前の文章と改善後の文章が載っているスタイル。
何を意識して改善したのかがわかりやすかったです。

「自分に関係があると思ってもらう」とか「強い言葉(具体的な言葉)」を使うとか。
改めて文字で言われることで意識しなきゃなって思いました。
(本の内容を書きすぎるのはよくないと思うから、興味あったら見て下さいとだけ^^)

これ、キャッチコピーにかぎらず普通の文章でもそうだと思うんですよね。

言葉の使い方を考えるいいきっかけになったと思います。
これを元にブログ記事のタイトルとか、作品の宣伝文とか練っていきたいです。

キャッチコピー。言葉。
もっと色々と読んでみたいな、とそんなことを思いました!




スポンサーサイト






タグ: 本の感想
テーマ:読書感想
ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。