--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






タグ:
2015年06月13日 (土) | Edit |


地曳 いく子さんの『服を買うなら、捨てなさい』を先日読みました。

私は現在23歳なのですが、ファッションについて参考になることは多かったですね。
おしゃれな人と聞いてどんなイメージを持ってますか?
・服を色々持っている
・いろいろな服を着こなせる
・流行に敏感
というのを思い浮かべるのではないでしょうか。

この本ではこれらをおしゃれの条件とはしていません。


■この本を読んで私が理解したこと
・種類は少なくていいから、自分の定番スタイルを見つけるべき
・数を多く持つ必要はない。そうすれば一着あたりにかけられる予算が増える

そして当たり前のはずだけどつい忘れてしまうこと。
・服や靴の値段は、着用回数で高いか低いかを判断するべき
コストパフォーマンスの良し悪しは、利用回数で決まるんですね。
この辺りをしっかり意識しなければ、セールで安いものを買って、でも使わないなんてことになりかねません。

一着一着を吟味しながら買うことで、自分に合わない服を避ける事もできますね。
自分に合わない服を持っていても、かえっておしゃれから遠ざかってしまう。

どれを着ても自分の魅力を発揮できる、そんな服で固めることが大事なんですね^^


この本は、今後の服との付き合い方を考えるきっかけになりました。
今の自分に合わない服を少しずつ処分し、買うときは真剣に考える。
そうやって自分に合う服だけを持つようにしていきたいです。


・洋服との付き合い方を考えたい人
・服が増えてきたから減らしたい人

そんな人におすすめです。






タグ: 本の感想
テーマ:読書感想
ジャンル:本・雑誌
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。