--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






タグ:
2015年06月16日 (火) | Edit |
こんにちは。
今日はツイッターの機能:ミュート機能を使った話をします。

以前に比べるとツイッターの利用時間が減りました。
しかし全く見ないわけではなく、気が向いたら見るという状態です。

ところで「この人のツイートを見たくない」って気分になることはありませんか?
だからといって嫌いなわけではないので、フォロー解除やブロックはしたくない。
私はそういう気持ちになることがあったのですが、ミュート機能のおかげで解決しました。


■ミュートって何?
ミュート機能とは簡単にいえば
「相手をフォローしたままだけど、つぶやきはTLに表示されないようにする」
機能のことです。
ミュート/ミュート解除はすぐにできるので、一時的に見たくない場合にも使えます。

ミュートの仕方・特徴についてはミュートの特徴と使い方にも書いてあります。
ツイッター入門ガイドのページです)

■例えばこんな時、ミュートしたくなる
私がフォローを解除せず、でも呟きを見たくないと思うのはこんな時です。
・友人同士が会って遊んだという話が流れる時
→自分は誘われてないので、なんだか寂しくなってしまいます。
だからそういう情報が流れそうになったら、一時的に非表示にしています。

・相手の暗いツイートが多くなってきた時
→時には暗いツイートをしてしまう時もありますよね。
基本的にはそういう気持ちは仕方がないですし、何かあったら励ましたいと思っています。
だけど自分も心身の調子が悪い時、誰かのネガティブってキツイんですよね。
ひきずられそうで……
そういう時、一時的に見ないようにするためにミュートしてしまいます。

・見ていて辛くなる時
→私は辛い話題が苦手です。いじめとか嫌がらせとか、社会の闇とか。
妙に感情がひきずられ、感情移入してしまうんです。
だからそういう話題が出た時も、そっとミュートしてしまいます。


■つまり自分にとって辛くなりそうなときはミュート
ミュート機能を使うときについて考えてみましたが……
どうやら自分にとって辛くなりそうなつぶやきが増えそうなとき、ミュートを利用しているみたいです。
そのままミュートし続けることもあれば、解除することもありますね。

ミュートしていても、フォローは解除されていません。
だからフォロー一覧から相手のページに飛んで、その呟きを見ることもできます。
またミュートにしてから相手をリストに入れて確認した所。
リストからは相手の呟きを見ることが出来ました。
あくまでTLに表示されないようにする機能みたいですね。

だからうっかり見てしまう可能性のあるTLからは非表示にする。
だけど見たい時もあるからリストから見れるようにしておく。
こういう使い方もありかな、と今思いました。

■おわり
自分の心をざわつかせる誰かのつぶやき。
無理に見て苦しい/不安な気持ちになる必要はないと思います。
時にはそうやって離れてみるのもありだと思います。

健康なツイッターライフを過ごしましょう。


テーマ:楽しく生きる
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。