--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






タグ:
2015年08月12日 (水) | Edit |
2015年7月7日、NHKでミニマリストの特集がされたらしいですね。
驚き!“モノを持たない”暮らし(NHKニュースおはよう日本より)

私は見なかったのですが、どんな内容だったのか上のページを見ればわかります。

私はツイッターで呟かれた、この番組の感想を見ました。
というかツイッターで「ミニマリスト」と検索したら、一時期これのことばかりでしたね。

それで思ったのですが。
ミニマリスト=とことんモノを減らす
という風に誤解している方が多いように感じました。

特に佐々木典士さんの自室の写真がのっていますが。
カーテンもテーブルもないんですね……

彼の著書「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」の中で、とにかく減らせとは主張していないのですが。
これを見た視聴者の方は、ミニマリストのイメージをとにかく持たないと認識したんじゃないかと思います。

これほど極端にならなくてもミニマリスト的生活は可能なはずなのに。
ミニマリストのイメージが極端なものになっている気がしてなりません。

「自分にとって必要のないものを減らす」
これは
「自分にとって必要な物を残す」
ということです。

だから他の人にとって不要なものだったとしても、必要なら(心を満たすなら)残すべきなんです。
そういう意味では本当に好きなものだけを残すオタクならミニマリストなんじゃないかなーなんて思ったり。

私は自分にとって必要な物を残すというミニマリストの考え方が好きです。
最適な量は人によって異なるのだから、どのくらいまでなら所有していいとかはないと考えてます。

何事も極端にならず、気に入った部分だけを実践していけばそれが一番楽だと思います。
道具の必要ない趣味がいい
とか
ミニマリストに○○は不要
とか、そういう考え方はなし。
そういったことにこだわると、窮屈だし。
あくまで自分の心を信じて行動していきたいですね。








タグ:
テーマ:楽しく生きる
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。